ホーム  >  刈谷市・高浜市エリアの不動産売却はセンチュリー21ケヤキ住建  >  不動産用語集  >  【返済年数】決めるとき考えるポイント

【返済年数】決めるとき考えるポイント
カテゴリ:不動産用語集  / 投稿日付:2022/06/04 17:00

【返済年数】決めるとき考えるポイント










ここまで返済年数について解説しましたが、

返済年数を決めるときには、

借入金額や金利などの借入条件だけでなく、

将来の収入や支出、退職時の年齢も考慮する必要があります。



返済年数は利息額や諸費用などに影響しますので、

家計の状況に合わせて決めるとよいでしょう。




注意点としては、利息額や総支払額に

こだわりすぎないことです。



利息額や総支払額は少ないほどよいですが、

安定して返済する余裕があることも重要です。



利息額や総支払額は、借入先を比較検討したり、

借入金額を見直したりすることでも減らすことができます。



その他、住宅ローン控除

(住宅ローン年末残高の1%が所得税から控除される)の

適用条件には返済年数の定めがあり、

10年以上のローンが対象となります。



また、途中で繰り上げ返済をして

返済年数が10年より短くなった場合、

その年以降の控除が受けられなくなってしまいます。



住宅ローン控除は制度の内容をよく理解し、上手に活用しましょう。






















弊社には刈谷市大府市岡崎市はもちろん

三河エリアに強く、

売却経験の豊富なスタッフが在籍しております。

三河エリアのマンションの売却や買取り希望の方、

ご所有不動産の資産の運用・相続のご相談は

センチュリー21 ケヤキ住建にお任せください!

ページの上部へ